24日 2月 2018
2018/02/23 に公開 【櫻LIVE】第279回 ソウル緊急報告!金正恩が怯える小型核爆弾 日米は北朝鮮になびく文在寅を引き戻せるか 北朝鮮の金正恩委員長は平昌オリンピックを舞台に思いもよらぬ平和攻勢を繰り広げました。 極めて厳しい北朝鮮への経済制裁も金正恩一族には届いていないようです。 平昌オリンピック・パラリンピック開催中には軍事行動はなさそうですが、平昌後には軍事行動もあり得るという厳しい見方も出ています。・・・ 【右向け右】第197回 - 山際さんには『すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」』『これでも朝日新聞を読みますか?』の著書があります。 朝日新聞は安倍晋三総理の平昌五輪開会式出席にあたり、次のように社説で書きました。 〈日韓首脳は肩を並べて祭典を祝し、ともに平和への決意を示さなければならない〉(2018年1月25日、朝日新聞社説「首相訪韓へ 平和を築く決意の場に」) これに対して山際さんは・・・
19日 2月 2018
熊沢辰巳先生作曲 2017/11/30 に公開 【八岐大蛇】<1:29>プレビュ-版 【八岐大蛇2】<1:11>プレビュ-版 語り手と舞、笙、篳篥、竜笛、箏と電子オルガンのための音楽物語。 作:火風水、作曲:熊沢辰巳 (2017年作品) “Yamada-no-Oroti” Composed by Tatsumi KUMAZAWA (リンク元 YouTube)
17日 2月 2018
言論テレビ  2018/02/16 に公開  名護市長選勝利で沖縄の潮目が変わるか 安倍首相は文在寅大統領に「釘を刺せた」か 名護市長選(2・4)で安倍政権が全面支援した渡具知武豊氏が、共産党などが推す稲嶺進氏を破りました。 この選挙は、辺野古移設を進めたい安倍政権と基地移設に反対する翁長知事らの「代理戦争」といわれ、国政選挙並みの総力戦が展開されました。 さらに3月には石垣市長選、11月には沖縄知事選と続きます。名護市長選は様々な問題を抱えた沖縄の潮目が変わるきっかけになるのでしょうか。  同じように朝鮮半島の様々な問題を抱えた平昌オリンピックが開幕しました。・・・ 言論テレビ【右向け右】第196回 - 和田政宗(参議院議員) × 花田紀凱 往生際が悪い朝日新聞 和田さんは、2月6日、次のようにブログに書きました。〈本日の朝刊7面。ついに、朝日新聞はやるべき取材をしていなかったことを暗に認めた。だが謝罪はない。〉 森友学園の新設小学校の設置趣意書に「安倍晋三記念小学校」と書かれていると、籠池氏の証言のみに頼って記事にした朝日新聞の記事・・・
10日 2月 2018
【櫻LIVE】第277回 2018/02/09 に公開 金正恩に利用される平昌オリンピック 赤い韓国は北朝鮮にのみ込まれてしまうのか 「平和の祭典」平昌オリンピックの開会式前日、北朝鮮は「朝鮮人民軍創建日」の大規模軍事パレードを予定しています。北朝鮮は選手団の他美女応援団も派遣する計画で、韓国への平和攻勢を強めています。・・・ 【右向け右】第195回 実例!朝日の偏向報道 朝日新聞による文藝評論家・小川榮太郞氏と飛鳥新社への名誉毀損訴訟は、多くの言論人から批判されていますが、有本さんは典型的なスラップ訴訟だと言います。 また、昨年5月、朝日新聞は、森友学園が「安倍晋三記念小学校」の校名を記した設置趣意書を財務省に提出した、と報道。それについて1月29日の衆院予算委員会では、安倍晋三首相は「真っ赤な嘘だった」と重ねて批判したことについても、次のように指摘しています。・・・
03日 2月 2018
2018/02/02 に公開  言論テレビ【櫻LIVE】第276回 バブルが再来?2018日本経済を予測 日本は一帯一路の野望にのみ込まれないか? 背広に半ズボン姿のタレントが「なんでビットコイン取引はコインチェックがいいんだよ、兄さん!」というCMを見て、なんのCMだろうと思った方が多いのではないでしょうか。それは仮想通貨取引所「コインチェック」のCMで、その「コインチェック」が利用者から預かっていた時価580億円相当の仮想通貨「NEM」が不正アクセスによって外部に流出したことが分かりました。・・・ 【右向け右】第194回 朝日の訴訟は悪徳弁護士の手口 朝日新聞による文藝評論家・小川榮太郞氏と飛鳥新社への名誉毀損訴訟は、多くの言論人から批判されています。 八幡さんも、まず5000万円という損害賠償額に驚くと指摘され、次のように書かれています。〈名誉を回復したいということが目的ではなく、小川氏個人や飛鳥新社そのものを抹消すること、さらには、個人や弱小出版社などが、朝日新聞をはじめとするマスメディア集団を批判すること自体を封じて・・・
27日 1月 2018
2018/01/26 に公開 言論テレビ【櫻ライブ】 2018/01/26 に公開 なぜ若者は安倍政権を支持するのか? リベラルは自民・維新の会、保守は公明・共産 昨年の衆院選で18歳以上の10代の若者が初めて選挙に臨みました。公示前に毎日新聞が世論調査を行い、その結果を「衆院選 若者は保守的?内閣・自民支持多く」という見出しをつけました。興味深いのは「?」です。調査では20代以下の自民党支持率は4割弱で、他の世代よりも圧倒的に高い結果が出ました。・・・ 【右向け右】第193回 朝日新聞が文藝評論家の小川榮太郞氏と飛鳥新社(月刊『Hanada』の版元でもある)を訴えました。これは「スラップ訴訟」ではないでしょうか。 朝日新聞によればスラップ訴訟とは、次のようなものだそうです。・・・
20日 1月 2018
2018/01/19 に公開 【櫻LIVE】第274回 -緊急特番「言論を捨てた朝日新聞」/門田隆将×林いづみ×櫻井よしこ×花田紀凱 言論機関である朝日新聞は、ベストセラーになった「徹底検証『森友・家計事件』」の著者小川榮太郎氏と飛鳥新社を5000万円という高額な損害賠償金を突きつけて訴訟に踏み切りました。言論の自由という普遍的価値観を掲げていたはずの朝日新聞ですが、今回は小川氏の説明や反論に言論機関らしく紙面で毅然と答えることもせずに、司法に持ち込みました。・・・
17日 1月 2018
Googleは、代表的なインタ-ネット検索エンジンの一つとして私たちは常用しています。Google 設立20周年を迎えるにあたり、祝意をこめて掲載します。 
13日 1月 2018
2018/01/12 に公開【櫻LIVE】 第273回 -新春ビッグ対談「櫻井よしこ&藤原正彦」 日本人の「思考退化の壁」をどう打ち破るか 情報が氾濫する時代の大きな流れと本質を見抜くためには「透徹した眼力」と「優れた大局観」が必要です。櫻井キャスターは平成30年を「日本の命運がかかった分岐点の年」と予測します。北朝鮮、中国膨張、米国後退、戦後日本の枠組みが根本的に変わるなか、日本人はその危機を認識できるか。・・・ 【右向け右】第191回 - 阿比留瑠比・産経新聞論説委員兼政治部編集委員 × 花田紀凱 平成30年、安倍政権と朝日新聞 昨年末には朝日新聞が識者や国会議員に申入書を連発、ついに文藝評論家の小川榮太郞氏と飛鳥新社(月刊『Hanada』の版元でもある)を訴えました。阿比留さんは、〈朝日新聞は「言葉のチカラ」を信じないのか〉とかつての朝日の「ジャーナリスト宣言」を引いて、裁判所へ駆け込む朝日の自己否定を厳しく批判しています。・・・
06日 1月 2018
2018/01/05 に公開 (お年玉無料配信)【櫻LIVE】第272回 - 新春特番:安倍首相に華やかさくら組が迫る! 櫻井よしこ/我那覇真子/半井小絵/田北真樹子(全編) ※ 今回は、特別に全編無料でYoutubeへ公開します。

さらに表示する

このエントリーをはてなブックマークに追加
クチコミ(口コミ)ローカル情報掲載無料
ホ-ムペ-ジ作成サ-ビス-Jimdo
口コミ情報歓迎 掲載無料
口コミ情報歓迎 掲載無料
オ-ナ-メッセ-ジを世界に!
オ-ナ-メッセ-ジを世界に!


Social Networkingとの連動による波及効果を狙う


 

「LINE」

QRコ-ド

レスポンシブWebデザイン

 

<モバイル対応>

レスポンシブWebデザインとは閲覧者の表示環境(パソコン・タブレット・スマホ)に合わせて、デザインが自動調整される」状態



SNS公式Myアカウント<Connect with us>