FaceToFace

CONNECTは、WebRTCというインタ-ネット技術をフル活用してリアルタイム通信を可能にします。

SNS&情報の拡散

SNSによる情報の拡散
SNSによる情報の拡散

 

 

 

1、上図の『CommunityFanClub』及び『OfficialFanClub』は中継所を担

   います。

2、中継所は、大型画面(家庭テレビ、プロジェクタ-)を完備することにより、

  オフラインの視聴者が情報を共有できます。共有することができます。

3、インタ-ネット環境(モバイル端末機)があれば直接情報を共有できます。

 

※ポイント

・Video情報をこの配信に乗せる・参加する、こんなイメ-ジが左図です。

・情報の流れは、左図のようにネットワ-キングを構築します。

・情報共有のネットワ-キングの拡張と定着を目指します。

・ソリュ-ションとして当website【Connection】が担います。


 

 

☆非公開(組織内・グル-プ等情報配信)の場合についての記述

*主催者側【リンク元】の準備

1、主催者は、事前にコンテンツの素材を準備します。

2、放送日の実施日時・放送時間の確定

3、リンクの設定

4、配信する対象者(インタ-ネット環境を有する方)を選択をします。

5、配信する対象者のEmailアドレスの確認をします。

6、オフライン視聴参加者対策

a.視聴環境の準備

b.視聴対象者への呼びかけ

シンプルです。

 

 

*視聴者(又は、番組に参加)は、主催者又はその関係者から直接・

  間接(転送等)により、リンク(URL)を受取ったら開始時間の

  前(約10分程)にリンクをクリックします。


ID/PW.install .download 不要/クリックするだけ

 

 

 ・リンク(URL)をクリックするとStep.2画面が表示します。

 ・Step.2へ進んで下さい。

 

〓 いつでもどこでも対面通話/世界中にWebコミュニケ-ションを配信 


Step.2 視聴の手順

Webコミュニケ-ション【双方向性を活用】

 

*上記Step.2はウェブカメラの使用を許可するアラ-トがでますのでOK【許可】

  をして下さい。

☆開始時間までお待ち下さい。

 

 

 

 

 ☆1対1の井戸端談議から国際会議までOK

*最後までお楽しみ下さい。

※いつでもどこでもFace to Face(対面通信)世界中にWebコミュニケ-ションを配信中

※1対1の井戸端談議から国際会議までOK